INTRODUCTION イントロダクション

「テイルズ オブ ステージ」とは


「テイルズ オブ ザ ステージ」は、
人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの舞台公演で、
俳優陣によるダンスやアクロバットを取り入れたエンターテインメントショーです。

『テイルズ オブ』シリーズのファンイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2017」6月2日(金)公演にて、
シリーズ10周年記念作品「テイルズ オブ ジ アビス」を題材にして上演した
「テイルズ オブ ザ ステージ -最後の預言(ラストスコア)- LIVE&THEATER at 横浜アリーナ」を皮切りに、
『テイルズ オブ』シリーズの新たな挑戦が始まりました。

横浜アリーナ公演から新たな演出を加えて上演した
「テイルズ オブ ザ ステージ -最後の預言(ラストスコア)-」東京・大阪公演では、
キャラクターそれぞれの目線でのリアルな描写や、
主人公のルーク・フォン・ファブレが葛藤しながら成長していく姿をしっかりと描き、
横浜アリーナ公演と合わせて全公演で延べ1万人を超えるお客様にご来場いただきました。

そんな前作から1年、「テイルズ オブ ザ ステージ」の新たな挑戦が始まります。
「テイルズ オブ ザ ステージ -ローレライの力を継ぐ者-」と題して、
前作の主人公ルークと瓜二つな青年アッシュに焦点を当てた「ジ アビス」のもう一つの物語を描いていきます。
前作では語られることのなかったアッシュの物語に、ぜひご期待ください。

「テイルズ オブ ザ ステージ」は、 人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの舞台公演で、 俳優陣によるダンスやアクロバットを取り入れたエンターテインメントショーです。

『テイルズ オブ』シリーズのファンイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2017」6月2日(金)公演にて、 シリーズ10周年記念作品「テイルズ オブ ジ アビス」を題材にして上演した 「テイルズ オブ ザ ステージ -最後の預言(ラストスコア)- LIVE&THEATER at 横浜アリーナ」を皮切りに、 『テイルズ オブ』シリーズの新たな挑戦が始まりました。

横浜アリーナ公演から新たな演出を加えて上演した 「テイルズ オブ ザ ステージ -最後の預言(ラストスコア)-」東京・大阪公演では、 キャラクターそれぞれの目線でのリアルな描写や、 主人公のルーク・フォン・ファブレが葛藤しながら成長していく姿をしっかりと描き、 横浜アリーナ公演と合わせて全公演で延べ1万人を超えるお客様にご来場いただきました。

そんな前作から1年、「テイルズ オブ ザ ステージ」の新たな挑戦が始まります。
「テイルズ オブ ザ ステージ -ローレライの力を継ぐ者-」と題して、 前作の主人公ルークと瓜二つな青年アッシュに焦点を当てた「ジ アビス」のもう一つの物語を描いていきます。
前作では語られることのなかったアッシュの物語に、ぜひご期待ください。

  • 「テイルズ オブ ザ ステージ-最後の預言(ラストスコア)-」東京公演の模様①
  • 「テイルズ オブ ザ ステージ-最後の預言(ラストスコア)-」東京公演の模様②
  • 「テイルズ オブ ザ ステージ-最後の預言(ラストスコア)-」東京公演の模様③
  • 「テイルズ オブ ザ ステージ-最後の預言(ラストスコア)-」東京公演の模様④
  • 「テイルズ オブ ザ ステージ-最後の預言(ラストスコア)-」東京公演の模様⑤

※「テイルズ オブ ザ ステージ -最後の預言(ラストスコア)-」東京公演の模様

STORY


六神将―――
黒獅子ラルゴ、死神ディスト、妖獣のアリエッタ、魔弾のリグレット、烈風のシンク、そして鮮血のアッシュ。
ローレライ教団の軍事組織、神託の盾(オラクル)騎士団の師団長たちの異名である。
いずれも一騎当千の猛者で、彼らを指揮するヴァン・グランツ総長に絶対的な忠誠を誓っている……と、言われている。
しかし、その実態は違った。
彼らはヴァンの〝理想〟に共鳴したもの、己の目的のために近づいたもの、ヴァンに恩義があるもの、と、
ヴァンと共に行動するその理由はバラバラだった。

「過去は忘れた」、口癖のように言うアッシュ。
寡黙で容赦のない剣を振るう彼は、味方からも恐れられている。
幼少期、ヴァンに救われて剣を習ったといい、その関係は親子、そして師弟のように強固だ。
誰もが、いずれはヴァンの後継者としてアッシュが総長に就任するだろうと思っていた。

我が声に耳を傾けよ……
聞こえるか、私と同じ存在よ……
我が名は―――

またいつもと同じ夢を見て飛び起きたアッシュは、窓からダアトの街を眺める。
キムラスカ・ランバルディア王国とマルクト帝国の戦争が近づくなか、
民衆はローレライ教団の預言(スコア)に縋って暮らしていた。

新しい任務が下り、アッシュは身支度を整えて外に出た。
十字路まで来て立ち止まる。
どの道で行くか…。
この道のずっと先に待つ者が、彼の人生を大きく変えることになる。
真っ直ぐ行っても、左右どちらかに折れても―――

必ず出会う、その存在に。

六神将―――
黒獅子ラルゴ、死神ディスト、妖獣のアリエッタ、魔弾のリグレット、烈風のシンク、そして鮮血のアッシュ。
ローレライ教団の軍事組織、神託の盾(オラクル)騎士団の師団長たちの異名である。
いずれも一騎当千の猛者で、彼らを指揮するヴァン・グランツ総長に絶対的な忠誠を誓っている……と、言われている。
しかし、その実態は違った。
彼らはヴァンの〝理想〟に共鳴したもの、己の目的のために近づいたもの、ヴァンに恩義があるもの、と、 ヴァンと共に行動するその理由はバラバラだった。

「過去は忘れた」、口癖のように言うアッシュ。
寡黙で容赦のない剣を振るう彼は、味方からも恐れられている。
幼少期、ヴァンに救われて剣を習ったといい、その関係は親子、そして師弟のように強固だ。
誰もが、いずれはヴァンの後継者としてアッシュが総長に就任するだろうと思っていた。

我が声に耳を傾けよ……
聞こえるか、私と同じ存在よ……
我が名は―――

またいつもと同じ夢を見て飛び起きたアッシュは、窓からダアトの街を眺める。
キムラスカ・ランバルディア王国とマルクト帝国の戦争が近づくなか、 民衆はローレライ教団の預言(スコア)に縋って暮らしていた。

新しい任務が下り、アッシュは身支度を整えて外に出た。
十字路まで来て立ち止まる。
どの道で行くか…。
この道のずっと先に待つ者が、彼の人生を大きく変えることになる。
真っ直ぐ行っても、左右どちらかに折れても―――

必ず出会う、その存在に。