テイルズ オブ アライズ オンラインシアター LIBERATORS(リベレイターズ) -希望を託されし解放者たち-

2022年3月26日(土)27日(日)

出演
飯窪 春菜 /
和内 璃乃 / 大平 峻也 /
横田 ひかる / 岩永 徹也
堀 海登
場所
MIRAIKEN STUDIO

STORY ストーリー

はるか昔、
母なる大地「ダナ」には、希望と夢、
豊かな自然にあふれていた。
街には活気と笑顔が溢れ、
人々は幸せに暮らしていた。
そのダナには隣り合う星「レナ」があり、
ダナ人は空に浮かぶレナを、
神々が住む星として崇めていた。
だが、300年前、
レナから降り注いだのは、
厄災とも呼ぶべき破壊と蹂躙だった。

レナの奴隷として、働かされる日々。
解放を願い、抵抗する者もいたが、
圧倒的な力の差に絶望するしかなかった。

希望や夢、
理想なんてモノを願う者は処刑される。
いつしか、ダナの人々の心は荒み、
1日を生き延びることに
精一杯になっていた・・・

そして、今日もまた、男が一人。
レナの傲慢に歯向かい、
見せしめに処刑されようとしている。

男の名は「ジルファ」
カラグリア地域の反乱勢力
「紅の鴉」リーダー。

ジルファは一人、
最後に後悔を口にする。

ダナのために、
ダナに住む人々のために、
レナからダナを解放しようと、
命を賭け戦ってきた男の後悔は、
ダナの人々にどう写り、
何を残したのだろうか・・・

モノの写り方は、人それぞれ。
人には過去があり、
人はそのフィルターを通して
目の前のモノを見る。
命知らずの理想を掲げた
一人の男の処刑を、
早く終われと俯瞰する者。
自らも、解放を望んでいるが、
どうすることもできないと悔やむ者。
無関心な者。
それぞれの見方。勝手な見方。

はたして、過去のないアルフェンには、
ジルファの処刑はどう写ったのだろうか。
この舞台は、登場人物、
一人ひとりにフォーカスを当て、
様々な過去から
Tales of ARISE を描く、
もう一つの物語。

CAST キャスト

TICKET & SCHEDULE チケット・スケジュール

ASOBISTAGE
coming soon